大阪国際福祉専門学校

心理と福祉と医療事務の専門学校なら大阪国際福祉専門学校。地下鉄谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅⑤号出口左スグ。

資料請求
アクセスマップサイトマップ個人情報保護
TOP | 心理・医療事務科 - 資格について

資格について


医療秘書実務士 卒業と同時に取得!

「医療秘書実務士」は医療機関や福祉施設において医学の知識をもった秘書として、また接遇の専門家として、医療事務や種々の情報の管理能力、そして対人調整能力などを備えた人間性豊かな職業人として、介護保険制度導入後も医療や福祉分野に期待される資格です。

診療情報管理実務士 卒業と同時に取得!

日本の医療機関では,医療情報を透明化して患者さんに伝える「カルテ開示」が行われようとしています。 このためには,診療記録と医療情報を扱うエキスパートが必要です。カルテの管理方法から記載された医療情報の分析処理など, 診療記録を正確に読み取り,情報処理と運用が行えるような人材として期待される資格です。

医師事務作業補助実務士 卒業と同時に取得!

“医師事務作業補助実務士” は、「医学・薬学の知識」、「医療保険制度」、「診療録の法的な問題」などの医療事務や診療情報管理の基礎知識を有し、種々の情報管理能力とコミュニケーション能力などを備え、多忙な医師の事務作業補助者として、医療分野で期待される資格です。

医事コンピュータ 技能検定 在学中にチャレンジ 

医療事務現場において、コンピュータ操作能力は必須です。専用のソフトを使いこなす知識と技能を審査・認定する試験であり取得しておくと就職にも有利となります。
●取得目標(準1級~ 3級)

医療秘書技能検定 在学中にチャレンジ 

医療内容が高度化・専門化しチーム医療が主流となる状況にあって、医療秘書は事務面における専門的な援助と、各部門の連絡調整を果たす役割を担っていま す。医療秘書としての専門知識と技能を認定するもので、医療機関においては習得レベルを判断する目安になっています。
●取得目標(1級~ 3級)

診療報酬請求事務能力認定試験

この試験は公益財団日本医療保険事務協会が実施する試験で、医療事務の試験では最難関といわれています。全国の病院でも認知度は高く、高度な医療事務能力を示す資格として幅広く認められています。
試験は医療事務のあらゆる分野から高度な知識が問われますが、本校のカリキュラムは医療事務の基本知識・技能をしっかり身に付けるので、もう一歩踏み込めば合格も十分可能です。
今年2月に発表のあった第45回試験において、本校の2年生が見事合格を勝ち取りました。

ここをタップすると電話ができます
06-6771-4188